ローヤル21を採用したネオランドリーの安くて早いクリーニング

店舗一覧

クリーニングの豆知識

会社概要

代表挨拶

−楽しい装いと清潔な身だしなみのお手伝い−
わたしどもネオランドリーは昭和47年の創業以来、お客様の楽しい装いと清潔な身だしなみのお手伝いを使命と掲げ事業展開してまいりました。
現在は「ネオ21」ブランドを主体に横浜市や藤沢市を中心に営業展開し、年間50万人を超えるお客様にご利用いただいておりますが、創業以来の使命は今日にいたるまで変わっておりません。
今後もこの使命感にぶれることなく、より多くのお客様にご利用いただくために、よりよい品質、サービスの向上に邁進してまいります。

株式会社ネオランドリー 代表取締役 皆川幸太郎

↑このページの先頭へ

事業目的

我々が事業を営む地域で生活を共にする、全ての人々がお客様である。我々の仕事はお客様の楽しい装いと、清潔な身だしなみのお手伝いである。そのために我々が果たすべき機能は、お客様にとって利便性のいい場所で、お客様の大切な衣類に「より安く、より早く」「清潔」を提供することである。そのため我々はプロ意識に徹し、お客様の大切な衣類の取り扱いに細心の注意を払う。そして、品質には常に留意しながらも、生産性を最大限追求し続けなければならない。清潔な身だしなみのお手伝いを提供し続けることが、お客様の「心のお洗濯」に結びついたとき、我々は最高の喜びを感じる。

↑このページの先頭へ

会社概要

商号 株式会社ネオランドリー
ブランド ネオランドリー・クリーニングネオ21
代表者 皆川幸太郎
本社所在地 神奈川県横浜市港南区下永谷3-5-12
創業 昭和44年10月
法人設立 昭和47年3月
決算期 7月
資本金 3,000万円
受注先 一般家庭
商圏 横浜市、藤沢市
従業員数 350名
店舗数 60
取引金融機関 商工中金・横浜信用金庫・りそな銀行

↑このページの先頭へ

アクセスマップ

地図

↑このページの先頭へ

会社沿革

昭和44年10月 皆川勝己が横浜市港南区東永谷にて、個人事業としてネオランドリー商会を創業。
昭和47年9月 有限会社ネオランドリーとして法人設立。
昭和47年以降の変遷 創業時はネオランドリーブランドとして港南区を中心に委託取次店を出店。
昭和53年に現在の本社工場を設立したのを皮切りに、委託取次店の出店を加速化。
以降年々委託取次店の数を増やし続け、平成4年のピーク時に委託取次店を50、直営店を10、工場を4で展開していた。
しかし、バブルの崩壊と委託取次店の老朽化があいまって事業規模が徐々に縮小。ネオランドリーブランドに代わる新たなクリーニングブランドを模索し始めた。
平成9年7月 この頃、事業規模の縮小に歯止めがかからず、年商はバブル期の半分。
「このままではジリ貧になってしまう。何か思い切ったことを始めなくては。」との思いから舞岡工場を設立。当時業界にて旋風を巻き起こしていた「ローヤル21システム※」を導入し、舞岡工場を拠点として新しいクリーニングブランド「クリーニングネオ21システム事業部」を発足。社運をかけたプロジェクトを始動させた。
平成9年7月以降 ネオ21ブランドでは、「ワイシャツ90円」「ドライ250円」という当時としては破格の価格設定と、「11時お預かり5時お渡し」というクイックサービスを大々的にうたい、且つ地域で一番お客様の利便性のよい場所に大型の直営店を作ることをコンセプトにし、他社とは明確な差別化を図った。
この展開が徐々に地域に浸透し、それ以降積極的に出店を重ね飛躍的に業績を伸ばす。
平成10年9月 戸塚区前田町に「ネオ21東戸塚工場」を設立。横浜市の広範囲にわたってのサービスが可能になる。
平成14年2月 増資。株式会社ネオランドリーに組織変更。
平成14年3月 横浜市泉区に大型工場「ネオ21いずみ工場」を設立。
相鉄線沿線の将来の展望が明るい商圏への進出を果たす。
平成18年2月 横浜市港南区に本社第2工場としての「ネオ21中永谷工場」を設立。
平成19年7月 横浜市戸塚区に「ネオ21上矢部工場」を設立。
平成22年7月現在 ネオ21ブランド店舗数60。ネオランドリーブランド店舗数3。
工場拠点7。

ローヤル21システム
千葉県を中心に展開するローヤルクリーニンググループの友野正男代表が考案したクリーニングシステム。
受付から生産、納品までの工程におけるムダを徹底的に排除することによって、質を落とさず低料金を実現。
納期は全品クイックサービスで、当時の業界にセンセーショナルを巻き起こした。
店舗展開にもこだわりを持ち、好立地に大型店を出店することによって、それまでの業界の常識であった小型店舗展開とは明確な差別化を図った。

↑このページの先頭へ

独立起業家求む!

ネオ21オーナーの投資モデル

初期投資
契約時の預かり保証金は100万円
毎日の釣り銭として10万円程度
業務開始時の消耗品、雑費として5万円程度
このうち預かり保証金に関しては契約満了解約から3ヶ月後に満額お返しします。

↑このページの先頭へ

システムの構築

システムの構築

↑このページの先頭へ

オーナーさんに聞きました!

現役で長く働いていらっしゃる東戸塚店、第2港南台店、瀬谷店のオーナーさんに答えていただきました。

東戸塚店、第2港南台店、瀬谷店のオーナーさん

東戸塚店
やはり、多くの人と触れ合えることでしょうか。働いていると明るい気持ちになれます。それに年齢や生活パターンを問わず、自分のスタイルに合わせて働けるので凄く助かっています。長く働けば働く程クリーニングに対しての知識が身に付き、それが仕事の自信へとつながっていると日々感じています。
第2港南台店
やりがいがあって毎日充実感を得られることでしょうか。それと、色々な人と接することができますので、そこにも魅力を感じます。
瀬谷店
お客様との触れ合いが魅力ですね。クリーニング店というのは非常に地域密着のお店なので、赤ちゃんが成長する様子を見ることができたり、顔なじみの高齢者の方と会話したり、それが楽しいです。
また個人的には、子育てをしながら勤務することができたので、スタッフの方々に助けられていることを強く実感しました。
東戸塚店
人と接するのが好きで明るく活動的なこと、これだけ備えていれば大丈夫だと思います。
第2港南台店
芯が強い方が向いていると思います。でも、その強さを表には出さない理性的な面も必要ではないでしょうか。
瀬谷店
まず接客が好きであることが大切だと思います。もちろんスタッフと力を合わせ、うまくやっていく必要もあるので、"人が好きであること"と言えるかもしれませんね。
東戸塚店
とても働き甲斐のあるお仕事です。皆さんの明るい笑顔をぜひネオ21で活かしてみてはいかがでしょうか。
第2港南台店
お仕事をしていると色々なことが経験できます。例え、辛いときでも、その経験を思い起こしていけば、きっと頑張れると思います。
瀬谷店
何事も新しいことを始めるときは不安ですが、仕事での発見や新しい自分の発見など、チャレンジしてみれば新しい発見があると思います。少しでも興味があれば、試してみてはいかがでしょうか。

↑このページの先頭へ